ページトップへ

ブログ

10月より古民家鑑定 伝統耐震診断の勉強を少しずつではありますが させていただいています。

『なぜ いまから 古民家を』 と思われる方もおられますが、弊社 新築・リフォーム・リノベーション・耐震診断・耐震改修・・・とお仕事させていただいておりますが、その中でも 耐震診断の業務におきまして 築60年以上で大きな柱・大きな梁・差し鴨居・和室を中心とした古民家を診断していただきたいとのご相談が数名の方からございましたが、私の考えでは そのような古民家の耐震診断を現在 弊社がしている壁量で判断する一般診断法で良いものかと疑問がありました。

 

いろいろな方にお聞きしたり インターネットで調べたりしていましたが なかなか 伝統耐震診断については分かりませんでした。そんな中 インターネットで『伝統耐震診断士』という資格を知ることができ、いろいろ調べていくと いままで探し続けた診断にめぐりあえることができました。そこで 『わたしが資格取れて診断できるようになれば 古民家の困っている方々のお役に立てるのでは』と考え 10月から講習を受けさせていただき資格を取ることができました。

そして 講習を受けさせていただいている中で 古民家鑑定士という資格も大切だということを聞き それも勉強させていただきました。

資格を取るのに 全国古民家再生協会さんにお世話になりました。また 古民家については まだまだ 初心者ですので これから日夜研鑽に努めたいと思います。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全25ページ中)