ページトップへ

ブログ

リフォームとリノベーション 実は定められた明確な定義がないのを、みなさんご存じでしょうか?
どちらの言葉で表現しても間違いではないのですが、一般的に 意図や目的で使い分けられています。

リフォーム  原状回復のための修繕・営繕、不具合箇所への部分的な対処。(例えば クロスの貼り替え、古くなった浴室・キッチンの入替え 外壁の塗替え等)

リノベーション 機能、価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した包括的な改修。(間取りから内装などすべてをこれから住む人の暮らしに合わせて、ゼロから考え直し、つくり替えること。例えば 間仕切り壁を取り除き広々としたリビングをつくったり、暮らしに適した間取りや機能を斬新にするなど)機能性やデザインといったさまざまな側面において +αで価値を高めることを指します。

リフォームとリノベーション それぞれ目的が違いますので どちらが勝っている・劣っているとは一概に言えません。また 木造住宅では間取りの変更ができない場合がありますので ご注意が必要です。また、それぞれの工事に合わせて耐震補強することは性能的、コスト的にも大変 有効的な工事だと考えられます。

また リフォームの場合は居住中で工事をさせていただくことが多いので、耐震補強方法も専用の部材を採用したりする必要があります。そのかわり床・天井は工事せず、工期の短縮につながります。また、リノベーションの場合の多くは天井・床をやり直す場合が多いので、建築凡用材(針葉樹構造用合板・筋かい・構造金物など)を使用することができるので、その面ではコスト的にお安い方法が選択できる。など 工事の内容によって耐震補強も検討する必要があります。

 

弊社として お客様のご希望を最大限生かしつつ、また 居住性 耐久性のご提案もさせていただけますよう、頑張らせていただきたいと思っております。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全14ページ中)