ページトップへ

ブログ

今週 茨木市のS様邸の耐震診断をさせていただきました。S様宅は昭和57年建築の木造住宅です。

多くの市町村では木造住宅の耐震診断に補助制度が設けられています。他の市では昭和56年5月31日までに建築確認を受け建築された木造住宅が補助対象ですが 茨木市では平成12年5月31日以前に建築確認を受け建築された木造住宅まで補助が受けれます。茨木市では耐震診断の場合 最大で5万円補助が受けることができ、弊社では多くの耐震診断の場合5万円+消費税5千円で5万5千円のうち お客様負担は5千円となります。

今回はお客様からいただいた図面などの資料には 筋かいなどが記載された図面がありませんでしたので 小屋裏+床下の調査では いつも以上に入念に構造及び筋かいの有無 位置 形状を調査させていただきました。

また 和室廻りの壁も土塗り壁でした。みなさん よく土塗り壁は弱いとお考えの方が多いのですが 実は石膏ボードや合板を貼った壁よりも耐震的に壁基準耐力は大きいです。ただ 土塗り壁の塗厚さにより壁基準耐力は異なり また 土台や梁などに達するように塗っている場合や塗っていない場合でも壁基準耐力が違ってきます。

今回は天井までしか土塗り壁を塗られていないので 高さの割合により低減させていただきました。

診断表 そして市が指定する図面 写真などの書類を市に報告させていただき またS様にも診断表などの書類に加え 絵で見る総合診断書などもご覧いただき ご説明させていただきました。ありがとうございました。

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全30ページ中)